Constructive Living
  > 変遷
  > コラム
感情について

悩みの原因

私たちは誰でも一度や二度は何かで悩んだことがあると思います。 いいえ、実際に今悩んでいる人の方が多いかもしれません。 恋の悩み、結婚、家庭での悩み、健康、病気の悩み、仕事の悩み、 人間関係での悩みなど色々ありますが、その悩みの原因は感情に起因するものが そのほとんどだということです。取り越し苦労もその一つでしょう。
私たちは悩みの対象を無限に持っていますが、健康な人は一つの悩みにとらわれていないのが特徴です。
悩んでいる人は自分が弱いと思っているが、そうではなくて欲求が強い人ということでしょう。
将来のことを心配するのは立派なことですが、心配しながら今何をしましょうか?ということです。
沢山の人が不安や心配を無くしたいと思っていますが、今のままで完全です。
そうです。心を直す必要はなありません。しかし、行動は直す必要があるかもしれません。
感情はメッセージ

私たちはもっと良く生きたいという「生の欲望」があり、この欲望が強ければ強いほど 不安、心配、恐怖などの感情が湧き起こってくるようにできています。 しかし、この不快な感情は、私たちに重要なメッセージを伝えてます。
例えば、恐いという感情は安全に注意しなさいというメッセージなのです。もしこの感情が なければ私たちは平気で危険を犯し、いつ死に直面するかわかりません。
試験の前の緊張や、スピーチの前の緊張は、合格したい、成功したい、人に認められたい等の 不安や心配から起こっていることは理解いただけることと思います。
私たちの考えではこれを大切なメッセージとして受け入れ、そのための準備や練習などの必要な 行動を進めていきます。不快な感情を嫌わず、ただただ素直に受け入れな『すべきことをなす』です。
神経質

私たちは誰でも時々神経質です。また、神経質の人がいつも神経質であるとは限りません。 神経質の原因は良いところから来ています。例えば、不安や心配は、成功したいとか、 人に良く思われたいという感情があるから湧いてきます。
こんなことに思い当たりませんか?もし一つでも該当すればあなたは神経質な人です。
でも、心配いりません。誰でも時々神経質で時々普通です。

□ 自分の行動をチェンジするより、行動について話すのがすき
□ 理想が好き
□ 良い意味で粘り強いが、あるところでこだわりすぎる
□ 新しいことはあまりやらない
□ 敏感で、内向性が強い
□ 良く思われたい、尊敬されたい、110%欲しい
□ 心配症(良い時でも心配する)
□ 自分の成長が欲しい(良く勉強する)
□ 用心深い

神経質の人はその症状と相談しないで、事実と相談して 必要と思われることを行うという癖をつくって下さい。


【 たばこ 】

禁煙席がいっぱいで喫煙席に案内されました。周りにはタバコを吸っている人が何人かいました。 私は風邪を引き咳がひどかったので「困ったなア」と思っていたのですが我慢するしかありません。 隣の人も私に咳に気づいているはずなのにタバコに火をつけました。当然私は咳き込みます。
喫煙席ですからタバコを吸っていいのですが、さて、貴方だったら咳をしている人の隣で タバコに火をつけますか?
近くに妊婦さんがいる、子供たちがいる、いろいろな状況で考えて見たいものです。 そう、タバコだけの問題じゃないですよネ。
【 やめたいけどやめやれない 】

タバコの値上げでタバコを止める人が増えているようです。 でも、どうしても止められないという人もいるようなので、 そんな人の為にアドバイスです。 まず、今もっているタバコを捨てて下さい。 タバコが吸いたくなったらコンビニで買って吸って下さい。 その場で何本でもすってもかまいませんが、すい終わったらタバコを捨てます。 持ち帰ってはいけません。
また吸いたくなったらコンビニに行って買って吸って下さい。そしてまた捨てます。 止めたいときはできるだけ、それをやるのに不便な状況を作ります。 この方法は、悪い癖を止めたい時になど、色々な場面で応用できる方法です。
【 始めたいけど始められない  (やり始めても続かない) 】

面倒なこと始める時、なかなか始められない人は多いのではないでしょうか。 そんな人の為にアドバイスです。例えば毎朝ジョギングをやろうと思っているのに、 いつも朝になると明日から始めることになってしまうという人です。 こんな場合は夜寝る前にジョギング用のウエアを枕元に置き、シューズをそろえ、 予めコースと時間を決めましょう。
嫌と思うことはできるだけそのための手順を決め、準備を整え、 毎回その手順通りやります。嫌だと思っても準備してありますからきっとできますヨ。 この方法は、面倒なことを始めるときなど、色々な場面で応用できる方法です。
感情の目的を探究すると、究極は優越にあった 劣等複合(コンプレックス)は、自分にとってあまりにも高い目標(理想)を設定したときに起こる

    敗北を避ける  >  成功に向かう

人は誰も優越しているように見せたがる癖を持っている

勇気を持ち続けるには自分の外側に目標が必要
・現実への関心
・他者への関心
・共同への関心
copyright2004-2006 Constructive Living All rights reserved