Constructive Living
  > 変遷
  > コラム


<< 台湾から >>

台湾


台湾


台湾


台湾


台湾


台湾


台湾


台湾


台湾


台湾


台湾


台湾


台湾


台湾
森田療法

  • 事実を受け入れ

  • 目的を知り

  • なすべきことをなす
<健康な生活をすれば、心も健康になってくる>

症状と相談しないで物事と相談することがコツです。 その症状があってもなすべきことをしていきましょう。
休息をとることがなすべきことであれば休んでください。ほかにやることがあればその症状を 受け入れながらなすべきことを実行しましょう。その症状はどこかに消えているかもしれません。

<どんな感情が湧いてきても、あなたはなすべきことができる>

感情はメッセージです。感情はよい所から来ています。その感情を大切に受け入れ 目の前のなすべきことを実践していきましょう。
話すのが苦手でも結婚式のスピーチはできます。そのための準備をしかりやることが大切です。

<自信があってもなくても、目の前の必要なことをする>

自信も感情です。自信があるからやるのではなく、やった結果うまくいった時、 自信につながるかもしれません。順番を間違えないように。

<否定的な感情の裏には肯定的な欲求がある>

悲しい、苦しい、辛いなどの感情は、楽しくいたい、成功したい、合格したい、 認められたい等のよい感情から来ていることがほとんどです。
感情はメッセージです。感情をそのまま受け入れなすべきことを実践していきましょう。

<感情は直す必要はない、行動は直す必要がある>

CLはコントロールできることとコントロールできないことを整理します。 そしてコントロールできないことには責任はないと考えています。 感情はコントロールできませんから責任はありません。
つまり感情は直す必要はないのですが、行動には責任があります。 コントロールできる行動は直す必要があるのです。

<行動には責任がある、どんな行動にもモラルがある>

コントロールできる行動には責任があります。 その行動を使って、他人からしてもらったことへのお返しをしなければなりません。 よいと思ってしているその行動で、ご迷惑をかけていることがあるかもしれません。
気づいていないこと、よいと思ってやっていること、本当に大丈夫ですか。

<私とは結局私の行動>

尊敬する人はどんな人ですか?その尊敬する人は何をした人ですか。 その人はどんなことを言っていましたか。私たちはその人の行動を見てその人を 判断しています。
決して心の中の感情や、頭の中で考えていたことを 評価しているわけではないでしょう。

<事実に合わせて行動を変える>

事実は私たちの先生です。目の前の事実が今なすべきことを教えてくれます。 事実にあわせて、私たちは行動を変化させなければなりません。
決して過去の事実に基づきそれにこだわり行動しないように注意しましょう。

<人生は新しい一瞬一瞬>

石も変化をしています。この世の中にあるものはすべて変化します。 すべてのものはその瞬間があるだけです。
今のあなたはさっきのあなたと違います。 私たちはいつでもチェンジするチャンスがあります。
昔の自分にこだわらないで今のあなたにこだわってください。

<事実唯真、不安常住>

森田療法の真髄です。自分の経験に照らし合わせて試してみてください。 <ものごとを変えていく原動力は行動・実践にある> 考えているだけで物事が変化するでしょうか。 思考は現実化する。本当ですか。
思考が現実化するのはその思考にあわせて行動したときのみです。
思いが実現するかどうか試してみてください。 そして行動したとき実現したかどうかも確認してください。

<努力すなわち幸福>

幸福とは何かの結果としての状態ではなく、 目的に向けて努力している時そのものかもしれません。
旅行に行く時、プランを作ったり、その準備をしたり、 旅行者と打ち合わせをしてチケットを取ったりしている時が 結構楽しかったりするものでしょう。


【 たばこ 】

タバコが好きな人はタバコを無理にやめる必要はないでしょう。 しかし、あなたが吐くタバコの煙は周りの人に迷惑をかけていることを認めましょう。 最近は禁煙席と喫煙席に分かれているところもあるようですが、 喫煙席だからと言っていつでもタバコをすっていいのでしょうか。 喫煙席に座って咳をしている人が隣にいました。あなたはどうしますか。 喫煙席だからタバコをすってOKですか?その人は好きで喫煙席にいるのでしょうか? 小田急線ロマンスカーが全面禁煙になるとの記事が新聞に載っていました。 私たちは自主規制できる人間を選びますか?それとも他人に規制される人間を選びますか?
【 目的と行動 】

自分を変えようとする裏には、今の自分に強いマイナスの感情があるようです。
マイナスの感情や強い緊張は、物理的にも筋肉をかたくし、体が動かなくなります。
自分が手に入れようとしているものが本当は何なのか(目的)を知れば、今の自分で 手に入れる方法を見つけられるかもしれません。
目的がはっきりすれば、その目的に向かってより適切な行動をとるようになるものです。
【 人生の基本的欲求 】

1. 安全の欲求
2. 所属の欲求(愛されたい、仲間として関りたい)
    ・ 賞賛を求める
    ・ 注目を引く
    ・ 権力闘争を仕掛ける
    ・ 復讐する
    ・ 無能力を誇示する
3. 力の欲求(尊敬されたい、評価されたい)
4. 楽しみの欲求(笑いたい、遊びたい)
5. 自由の欲求(選択、決定の自由)
copyright2004-2006 Constructive Living All rights reserved