Constructive Living
  > 変遷
  > コラム


<< 戸川から >>

銚子電鉄


銚子電鉄内


外川駅


戸川の駄菓子屋


戸川港


戸川町


浅間神社


犬吠崎灯台


犬吠崎灯台


本銚子駅


銚子湾
内観療法

  • してもらったこと

  • して返したこと

  • ご迷惑をおかけしたこと
< はたしてあなたは、自分のもと言えるものがありますか? >

自分の体は親からもらったものです。両親の努力の結果私がいます。 それは、楽しい努力だったかもしれませんが・・・。
自分の名前はどうですか?自分でつけましたか?それとも誰にもらったものですか?
言葉はどうですか。自分のものですか?誰かに教えてもらいましたか?
今着ている服は誰が作ってくれましたか?それを買ったのは自分のお金かも知れませんが? そのお金を稼ぐ方法を教えてくれたのは誰ですか?
ここにはどうやってきましたか?道を造ってくれたのは誰ですか?電車できましたか? 線路をつってくれたのは誰ですか?運転してくれたのは誰ですか?
今、そこに座った椅子は誰のものですか?休み時間が終わってそこに誰かが座っていたら 自分の椅子に座らないようにと思いませんか? それは、今もあなたの椅子ですか?

私たちは事実を認めなければなりません。 事実は、していただいていることを認めることです。 誰かにしていただいたこと以上に、あなたはお返しができていますか?

気付いていなかったが、してもらっていた。
よいと思っていたが、ご迷惑をかけていた。

特定の人、物との関係を通して過去、現在の事実を知ることは大切なことです。
今の私があるのは、誰かにお世話になった結果ではないでしょうか。


【 カウンセリング 】

<相談>

R(環境)情報収集、信頼関係、具体的
・一体どんな状況なのか具体的に教えて
・ある特定の日の時間毎の行動
・どんな時や場面で問題になっているか

W(どうなりたいか)求めているものの明確化、共有化
・あなたはどうなりたいの?を具体的に押さえる
「どうなったら一番いいと思いますか?」
「私にどうして欲しいと思いますか」
・相手を変えたいなど、無理を求めている場合があるので、その人の将来にとって
「こうなったらいいな」というビジョンに持っていく
・相談に来る人の大半が曖昧な場合が多いので、しっかりと確認してあげること
・Rを聞きながらタイミングを見計らい、本人に整理してもらう
・Wの段階によりEの確認度合を強くする必要がある
        あまりやる気がない
        欲しいけど努力するのはヤダ
        やるだけやります
        頑張ります
        犠牲を払ってもやります

D(そのために何をやっているか)行動、具体的に今何をしている
昨日何をしましたか、昔の話し、いつもの話しは取り扱わない
・Wが決まったら、間を開けずに持っていく
・今とっている行動を聞きながら、具体的に整理してあげる

E(それは効果があるか)
・人は基本的に行動を変えたくないと思っているので、
今のままでは駄目だねということをきっちり押さえてあげることが大切
「今のやり方で欲しいものWは手に入りそうですか?」
「そのやり方だといつごろてにはいると思う?」
「このまま放っておくとどうなると思う?」
「今のままでは回りの人からどんな風に見えると思いますか?」
・欲しいものが手に入った時とそうでない時の比較も有効
「私もできるだけ応援したいと思いますが、別の方法をやってみませんか」

P(これから何をしますか、どうしたら良いと思いますか)開いた質問
「どんなことをしたら良いと思いますか?」と聞き、相手に考えてもらう
・こちらが提案するてもあるが、相手が納得しない場合受け入れられない
「いつ頃からやる?」「早く良くなりたいね」などと、すぐ行動を促す
・できることならこの場で行ってもいい

※相手の気持ちを考えさせることはOK(相談者の感情は考えない
copyright2004-2006 Constructive Living All rights reserved